キッズパーティーで使えるスパークバルーン制作方法

キッズパーティーのハウツー!

大きな風船を、針で刺してわると

ヒラヒラと小さなバルーンが落ちてくるスパークバルーン。

別名、バルーンスパーク。

結婚式の演出などでも見かけます。

中にバルーンを入れるバージョンは作るのが難しいですが

紙ふぶきバージョンでしたらご家庭でも比較的簡単に作れまます。

 

【用意するもの】

 

☆材料☆

●ゴム風船(11インチ、16インチ。3フィートくらいがちょうど良いです。)

●コンフェティ(折り紙を切り刻むものでも代用可能)

●キャンディなどお菓子

●カーリングリボン

●針

●発砲スチロールのスティック(ツッカエ棒などでも代用可能)

 

☆あると便利☆

●ハンドポンプ

●結束バンド

 

 

0908260031

0908260036

1、まず、コンフェティ(紙ふぶき)をバルーンの口から入れます。

 

 

0908260041

2、キャンディを入れます。

 

0908260046

3ハンドポンプで空気を入れ出します。

 

0908260053

4、だんだん大きくなってきます。

 

0908260076

5、ある程度大きくなったらバルーンの口を締めます。3ft以上の大きさのバルーンですと結ぶのも

大変なので結束バンドなどで代用可能です

 

0908260178

6、天井の照明などからつるします。

 

0908260179

7、スティックに針を付けたもので割ります。ビニールテープなどで先に付け、もち手の部分はバルーンや

チュールなどでデコると可愛く見えます。

 

0908260190

8、落ちてきたキャンディを子供たちが楽しそうに拾います。

 

意外と簡単にスパークバルーンが出来ちゃいます。スパークの際は目に入るを避けるため、下に子供がいないよう気を付けてください。

お問合せ・ご購入はこちらにお願いします
LINEでのお問合せ ID mpartynetshop  ←LINEにて検索ください♪
東京都新宿区にある実店舗エムアンドエムパーティー神楽坂店
出張バルーン、パーティー装飾のご相談はこちら
LINEでのお問合せ ID b-deco  ←LINEにて検索ください♪
タイトルとURLをコピーしました